吉丸美枝子と過ごした
フェロモンスマイルな日々
Entry
Categories
Archives
Comment
Link
Profile
Material
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Others


スポンサーサイト
2009/03/30

一定期間更新がないため広告を表示しています


吉丸美枝子先生の記事掲載予定4月
2009/03/30 20:02
吉丸美枝子先生の記事が下記の雑誌に掲載予定です。
ぜひご覧ください。


■4月1日 「健康」
■4月16日 「からだのいいこと」

吉丸美枝子先生の新刊発売!
2008/11/28 15:13
11/21(木)、12/18(木)
 吉丸美枝子先生、新刊発売
 吉丸先生の著書が、講談社より2冊出版されます。
 ぜひ書店でお求めください。

11/21(木)刊行
 吉丸美枝子のつくり方―40歳からの「生涯美人」計画 (単行本)
 吉丸 美枝子 著 価格:1,365円 (税込)講談社

12/18(木)刊行
 生涯美しくて幸福な人になる!顔2分、体5分!フェロモンダイエット」 (文庫本)
 吉丸 美枝子 著 価格:680円(税込) 講談社

「吉丸美枝子フェロモンダイエット」DVD2枚組【1日10分でやせる吉丸三枝子のフェロモンダイエットDVD】
2008/10/30 21:03
7日間で魅力体形になる吉丸三枝子のフェロモンダイエットDVDです。

《「吉丸美枝子フェロモンダイエット」マッサージ編DVD》と《「吉丸美枝子フェロモンダイエット」エクセサイズ編DVD》のお得なセットです。毎日たった10分、映像を追っていくだけの7日間短期集中プログラム。まるでサロンでレッスンを受けているよう。丁寧な解説と叱咤激励のメッセージも好評です。

緊急告知! 吉丸先生がテレビに出演いたします。
2008/10/06 16:29
10月9日(木)22:00より放送!
  吉丸美枝子先生テレビ出演のお知らせ


全国TBS系列
「ひみつのアラシちゃん!」に吉丸先生が出演されます

是非ご覧ください!

幸せ 美人になれるフェロモンイメージング―聴くだけでなりたい自分になれる魔法のCDブック
2008/10/05 20:31
『幸せ美人になれるフェロモンイメージング』
吉丸美枝子先生の新刊が8月に発売になりました!
マキノ出版から好評発売中です。(1,470円)
今回の本は音楽療法士の深川先生との共著で、
イメージトレーニングがしやすいCDつき。
ぜひお近くの本屋さんでチェックされてみてください!

カニと笑顔
2008/07/30 01:38
080629_2032~0001.jpg
吉丸先生とよく食事に行く。思えばこの八年の間、一体何度、吉丸先生と食事をご一緒しただろう。ボーイフレンドや親よりも、その回数は多い。考えたらスゴいことである。「誰かと食事をする」ことは、イコール「その人に最も本能的な行動を見せる」ことであると、先生から聞いたことがある。食べること…それは生命維持には欠くことのできない人間の原点である。人は赤ん坊の時から、誰かに教えてもらわなくても、必ず食べる。本能だからである。共に食事をするということは、その本能的行為を見せるというわけで、故にお互いが心を開きやすいと私は教えられた。「会員さんと食事に行きなさい。友達になれるから。」吉丸先生の言葉である。誰かとテーブルを囲みながら、笑いあえたら幸せである。食事の時間に笑顔があれば、食べなれたものでも美味しく感じるから。それに、美味しい食事は美人を作る。だって、私たちの体は食事で作られているのだから。追伸 北浦和の二木屋さんという「隠れ家」で、素晴らしい懐石料理を頂きました。季節ごとに趣向を凝らすという、しつらえは見ている私たちの心に感動を与えてくれます。ある雨の夜、さいたまサロン
のスタッフさんからお招きを頂き、二木屋さんデビューをした吉丸先生と私。沢ガニの素揚げを見て、満面の笑みの先生。よく見たら、手元がカニになってる。ふふ、かわいいでしょ、もうすぐ還暦なのに。

冷えとコヤギ
2008/07/27 18:07
080628_1919~0001.jpg
本当にお久しぶりッス。長らくブログをサボってましたが「シミとシャネル」があまりにご好評頂きましたので、それに気を良くして「冷えとコヤギ」なるタイトルを考えました。(ちょっと韻をふんでみた)。今は猛暑の真っ盛り…当然、どこに行ってもクーラーガンガンの環境であります。もともと冷房に弱い体質の私は、まるで「塩にナメクジ」のように「冷房に井上」となる。こんな時、大活躍なのがわがヴェーネレセラピーマット。「私もスリーピングビューティー」がテーマのマットが、冷房病のだるさに泣く全ての女性の救世主となるパワーも持っているのだ。「マット、遠赤外線だし、夏は暑いよね」と言う方々!それは大きな誤解で「夏こそマット」なのであります。そもそも、冷えるとロクなことはない。ムクミはくるし、肌はくすむし、胃腸の働きは鈍るし。冷えの害はあげていたらキリがないほど。東洋医学的に言うなら「冷えは万病のもと」とも言える。だからこそ、冷房は時々を心がけ、夜はヴェーネレマットで日中クーラーをあびまくった体の冷えを取りましょう!私はマットを使えない場所では「ベビーパシュミナ」のストールを使って冷えを防いでおりま
する。猛暑にオンナを守るもの、これこそ「ヴェーネレマットとベビーパシュミナ」。んで、今回は「冷えとコヤギとヴェーネレマット」。そんな落としどころで。
追伸 吉丸先生と美容室に行った。待合室で雑誌を見ていたら、世にも可憐なベビーパシュミナの写真が!かわいいし、あったかね。コヤギ、ありがとう。

エターナルラブパウダー再び
2008/06/19 22:11
080526_1231~0001.jpg
吉丸美枝子先生の最新にして最強サプリメント「エターナルラブパウダー」が再び、ショップチャンネルにてお目見えする。次の放送回は27日、夜中1時。世にプラセンタは多けれど、ここまで優れたものはめったにない。「豚からしてちがいますっ」ってことは、かなり以前にブログで主張しましたが、最近は飲まれた方々から「もう、ナシでは生きてゆけない!」みたいな驚愕のコメントを頂き「やっぱ、すげぇな、このサプリ」と開発側の私たちが感動の毎日です。なにしろ「一気に女っぷりがあがる」とか「お肌も体も1日ごとに若くなるのがわかる」とか、愛飲者の間ではかなりの盛り上がり。さすがは、おっしょさんの肝いりサプリね。中でも、還暦に突入されたSさんのボディの変化はすごかった。バストはアップするし、ウエストは細くなりスカートがまわるまでに。60歳を越えた女性の体を、再びメリハリ美人にしてしまうこのサプリ何者?フェロモンダイエットのトレーニングで外側から、エターナルラブパウダーで内側からの「メリハリ美人になる挟み撃ち大作戦」あなたも展開しませんか? 追伸 ある日のショップチャンネル出演直
前の吉丸美枝子先生。オードリー風のスタイルでかわゆいでちょ。

「シミとシャネル」
2008/06/14 01:40
080521_1509~0001.jpg
けったいなタイトルである。「シミとシャネル」。伝説のバンド、ユニコーンの「ヒゲとボイン」を彷彿とさせる…なんちゃって。それはそれとして、「シミとシャネル」にどんな関連性があるというのかっ。これは正式には「シミとシャネルとサングラス」になります。わが、おっしょさん吉丸美枝子先生は「あなた、そろそろ紫外線が厳しい季節だから、サングラスかけなさい。日焼けするから」と曰った。日傘…じゃなくて、サングラスですか。吉丸先生曰わく、「紫外線は目から入る」もんらしく、この「目から入った紫外線野郎」は私たちの体内に活性酸素をたくさん発生させ、結果、シミのもととなるらしい。…というわけで銀座のシャネルでサングラス購入となったわけです。以来、吉丸先生は真面目にサングラスを着用なさってますが、私はすぐにかけ忘れてしまいます。どなたか「美容家の自覚あんのか?」と、サングラスしてない私をお見かけの際は、突っ込みよろしくお願いいたします。てなことで、夏の美肌はサングラスから。そういえばサプリ開発部のたかちゃん、あの時色違いで買ったサングラスちゃんとかけてるのかなぁ。

コルセットをめぐる冒険
2008/06/08 23:36
080602_1434~0001.jpg
「羊をめぐる冒険」を読んだことがありますか?私が愛してやまない村上春樹の初期の著作であります。私の青春ともいえる春樹さんは神戸の出身であるが、この度の神戸出張の合間をぬって、みんなで「コルセットをめぐる冒険」というテーマを掲げた展示会に行ってみた。正確に言えば「おねがぁい、神戸ファッション美術館のコルセット展に連れて行ってくださいませ」と心優しい神戸のスタッフさんに懇願したのだが、いやぁ、行って良かったッスよ、コルセット展。「こんなもん着てたらお人形みたいな体型になるわなぁ」と納得させられるほどウエストが細いコルセット、コルセット、コルセット。ボンキュッボンどころかボンキュッキュッキュッボンな、その形。およそ人の体とは思えない、構築物的なラインである。「ご飯、食べてたのかなぁ、この時代の婦女子は」と想像し、更に我が身に置き換えて頭を振る私。確かにデザイン性は高く、極めて優雅、極めて贅沢な宮廷時代のコルセットたちだが、いざ、お腹いっぱいのパフェを食べた時のことを思い描くと、何だか気が重くなる。やはり私の場合はウエストの細さより、千疋屋のイチゴクリームか。そう言えば、わが
おっしょさんこと、吉丸美枝子先生の常の台詞は「体に服に合わせるのではなく、服に体を合わせるのです」である。最初は「…んなこと、できる?」と多寡を括っていた私も、フェロモンダイエットの凄さを知る度に「ほんとぉね」と納得している。皆様、本当なんです。吉丸美枝子先生は「服に体を合わせる」のです。そして、それは、同じメソッドを用いれば私たちの体にも起こり得るミラクルなのです。おかげさまで私のサイズも上7号下11号から上9号、下9号に変化しました。「人は環境に染まる」も真実ですが「体は服に染まる」もまた真実です。吉丸美枝子先生が日々、実証なさっているオンナの体の不思議であります。 追伸 コルセット展のポスター。綺麗でしょ?